close

2022-06-13

【陸上】オレゴン世界選手権へ日本代表発表会見で代表選手が新ユニフォームをお披露目

世界選手権のユニフォームを着用した日本代表選手。左から橋岡、泉谷、廣中、田中、三浦、黒川、村竹

オレゴン世界選手権(7月15日~24日)代表選考会を兼ねて行われた第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)で、参加標準記録突破者で日本選手権3位以内という条件を満たした8種目10名のオレゴン世界選手権日本代表が決定(男子8名、女子2名)。13日、うち7名が大阪市内で会見を行い、決定の心境と世界選手権に向けた抱負を語った。また、オレゴン世界選手権で着用するユニフォームも同時に発表された。東京五輪に引き続き、サンライズレッドがキーカラーとなっている。

※左から種目、所属、世界選手権出場回数。女子10000mは5月に内定。

橋岡優輝(男子走幅跳/富士通/2大会連続2回目)
正直、ホッとしています。オレゴンの世界選手権では、きっちりケガを治し切って、ドーハ大会(8位)よりいい成績を残せるように楽しんで頑張りたいです。ドーハのときは切羽詰まっていたところもあり、今回も高みを目指してはいきたいんですが、楽しむことをメーンにしながら結果にもこだわり、まずはドーハよりいい結果を出したいです。

泉谷駿介(男子110mH/住友電工/2大会連続2回目)
ホッとした気持ちで少しワクワクしています。去年の東京五輪(準決勝敗退)で果たせなかった決勝進出を目標として、準決勝でいいレースをしたいです。

廣中璃梨佳(女子5000m&10000m/JP日本郵政グループ/初)
2種目で内定を獲得できたのも、4月から状態が良くないなかで10000mからスタートだったのですが、10000mの出場権を勝ち取れたことが5000mにつながりました。東京五輪での自分を超えられるような世界選手権にできたらいいなと思います。

田中希実(女子1500m&5000m/豊田自動織機/2大会連続2回目)
日本選手権(800mも含め3種目エントリー)は、1500mは少し怖さがあって、最低限、代表の権利を取れないと5000mがどうなるか分からない状況でのエントリーでした。1500mの権利を得られて、いい形(優勝)で5000mの権利を得られたことが、現時点では自信になっています。春先から自信を喪失していたのですが、世界選手権では自信を持って楽しみつつ、日本選手権を上回るレースをしたいです。

三浦龍司(男子3000m障害/順天堂大3年/初)
この1年、世界選手権が目標で、日本選手権で優勝して内定を決めることができて、やっとスタートラインに立てました。日本選手権は3000m障害の今季2回目のレースで、課題が見つかり、課題をひきずっているところが何個かあります。世界に向けて課題を克服していかないといけません。世界選手権まで短い期間ですが、しっかり仕上げて万全の状態で臨みたいと思います。

黒川和樹(男子400mH/法政大3年/初)
今シーズンに入って、自己ベストを更新できていないのですが、世界選手権の準決勝で日本記録レベルのタイムを出して、決勝に進出するのが目標です。セイコーゴールデングランプリで対戦したライ・ベンジャミン選手(アメリカ)や、K・ワーホルム選手(ノルウェー)は格が違うのですが、しっかり食いついていきたいです。

村竹ラシッド(男子110mH/順天堂大3年/初)
今年の最大の目標は世界選手権出場で、達成できて一安心です。初めての世界大会で、チャレンジャーとして挑めます。その精神を忘れず、楽しんで、決勝進出を目指して、予選・準決勝といい走りをして頑張りたいです。

出席者以外の日本選手権での決定選手は以下の通り。サニブラウン・アブデル・ハキーム(男子100m/タンブルウィードTC/4大会連続4回目※この種目では3回目)、遠藤日向(男子5000m/住友電工/初)、青木涼真(男子3000m障害/Honda/初)。

写真/毛受亮介

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事