close

2022-07-07

青柳政司館長が死去 FMW旗揚げ時に大仁田厚と抗争 新日本&NOAHで活躍【週刊プロレス】

青柳政司さん

全ての画像を見る
7月6日、空手家でプロレスラーの青柳政司さんが永眠。享年65。

青柳さんは「誠心会館」の館長であり、生前は「青柳館長」の呼び名で親しまれた。1989年10月、FMW旗揚げ時に大仁田厚と抗争を繰り広げ、そこからプロレス界に本格参戦。

90年からは新日本プロレスを主戦場として、門下生の齋藤彰俊らとともに越中詩郎、小林邦昭らと抗争。抗争後は和解し、越中らとともに反選手会同盟を結成。のちに平成維震軍と改名し、新日本本隊と抗争。

2000年からは彰俊とともに三沢光晴が旗揚げしたNOAHに主戦場を移す。2015年5月に交通事故で大ケガを負うと、同年10月にNOAHで引退セレモニーをおこなうも、2017年に復帰。その後はプロレスリング・マスターズなどで活躍していた。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

なお通夜、葬儀は下記の通りに執り行われる。

[場所]やすらぎホール藤岡
〒470-0431愛知県豊田市西中山町稲場159
TEL0565-75-2666
[日時]通夜=7月8日(金)午後7時、葬儀=7月9日(土)正午12時

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事