close

2022-09-21

【相撲編集部が選ぶ秋場所11日目の一番】2度目へ前進! 1敗同士の対戦は鉄人・玉鷲が圧倒

北勝富士との1敗同士の対決を制した玉鷲。2度目の優勝へ、一歩前進した

全ての画像を見る
玉鷲(押し出し)北勝富士

注目の1敗同士の対戦は、玉鷲が北勝富士を圧倒、押し出しで勝ってついに単独トップに立った。
 
立ち合い、玉鷲は頭で当たって手はハズの構え。北勝富士は頭で当たったあと、左で廻しをつかんだ(本人によれば、「前ミツを取りにいったわけではなく、下からおっつけていって、流れで廻しが近くにあったので」とのこと。この辺りは作戦上のこともあり、どこまで本音かは分からないが……)。
 
もちろん廻しを取って組むことができれば、相手の右の差し手を殺すことが条件だが、四つでも取れる北勝富士が有利になる。が、今場所の玉鷲の突進力はとんでもなかった。両手で北勝富士の顔のあたりを突くと、その力で距離ができ、せっかく取った北勝富士の廻しが切れてしまったのだ。普通、廻しを切る動作をしたほうは守勢に回りがちなのだが、前に出ながら廻しを切られたのでは北勝富士もたまらない。
 
玉鷲は北勝富士の体が斜めになったところを右から一突きして崩すと、左からの突きでのけぞらせ、一気に押し出し。圧倒的な内容で1敗対決を制した。

「きょうはやっぱり自分の相撲が取りたかった」と玉鷲。これでいよいよ、今場所初の単独トップに立った。5日目にこのコラムで「まさかの2度目」などと書いたが、いやいや、まさかどころか、優勝争いのド本命になってきた。
 
残り4日間の対戦相手を予想すると、あすは若元春(決定)で、その後は三役陣よりも、むしろ優勝争いをしている平幕勢同士で、翔猿、髙安、錦富士あたりが優先的に組まれることになるか。もしもこれら平幕勢が星を崩して優勝争いから脱落するようなら、小結の霧馬山や逸ノ城が対戦相手に浮上すると予想される。
 
まずあすの若元春(初顔)には、立ち合いで先手を取れる可能性は高いが、土俵際に落とし穴があるので、そこをいかに逆転しづらい体勢で迎えられるかがカギ。そのあと予想される3人では、髙安には思い切りぶつかれるが、相手も今場所好調なので、立ち合いからの攻撃で崩しきれない可能性もあり、その場合は玉鷲がノド輪や突き押しで起こせるか、髙安が上体を起こさず玉鷲の腕をはね上げて組めるか、の勝負になる。そしてむしろ嫌なのは翔猿(対戦成績1勝2敗)、錦富士(初顔)の小兵組だろう。横の動きもあるので全力では当たりづらい相手。相手を見ながら前に圧力をうまくかけていけるか。対戦時点で追う力士と星が2差あれば吹っ飛ばしにいけるかもしれないが、1差で迎えた場合はやりづらいに違いない。

「しっかり自分の相撲を取って、一日一日やれば結果は出るんじゃないかなと思います」と玉鷲。その言葉どおり、一歩一歩着実に前進していけるか。
 
この日のそのほかの取組では、V争いの「三役代表」若隆景が8連勝で勝ち越し、3敗を守った。東筆頭の翔猿は勝ち越して新三役を有力に。
 
御嶽海は前に出ようという気持ちは見えたが、佐田の海にかわされ、負け越しが決まって大関陥落。来場所は関脇で、大関復帰に向け2ケタ勝利を目指すことになるが、つい4場所前には優勝した力士。もう一度、本来の取り口を思い出して頑張ってもらいたい。

文=藤本泰祐

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事