close

2022-11-20

猪木も涙…“1・4事変”以来の一騎打ちも橋本真也、小川直也にリベンジ失敗【週刊プロレス昔話】

猪木が試合を止めた

全ての画像を見る
1999年10月11日、新日本の東京ドーム大会でおこなわれた橋本真也vs小川直也は衝撃の結末となった。

同年1・4東京ドームで小川は橋本を潰すスキャンダラスな試合をおこなったが、その“リベンジマッチ”。しかし、橋本は奮闘むなしく小川のSTO連発を食らい、最終的にはアントニオ猪木が試合を止めた。

ファンが願っていた橋本のリベンジはならず、というインパクト絶大な結果に新日本ファンからも「オガワ」コールが発生。猪木も涙を流し「勝ち負けを超えて何かを訴えてきた」と語る壮絶な闘いだった。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事