close

2020-10-15

【連載4 ミント店長軍団ガチ診断2020!】BBMカード12球団チームパックを斬る! ーインサートカード部門ー

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line
3月のヤクルト、オリックスから7月の中日まで、次々に発売された2020年版のBBMチームパック。全国の「スポーツカードミント」の店長たちが、プロの視点でテーマごとに採点してくれる好評連載です。


ランキング形式で発表!

 12球団すべてのチームパックが発売され、カードファンの皆さんもコレクションして楽しんでいただけていると思います。連載も折り返し地点を迎えた4回目の今回は、華やかにアイテムを彩るインサートカードをチェックします。
 チームの個性を生かしたインサートカードの数々は、その仕様も含めて、カードコレクションの大きな楽しみの一つになっています。インサートにも造詣の深い店長さんたちのお眼鏡にかなった1枚は果たして? 皆さんお忙しい中、アンケートにご協力していただきました。
☆アンケートに回答してくれた皆様☆
札幌店・岩本店長、仙台店・阿部店長、千葉店・藤池店長、浦和店・安野店長、池袋店・酒井店長、MINT LAB TOKYO・田村店長、新宿店・足立店長、渋谷店・中川店長、吉祥寺店・石渡店長、立川店・高橋店長、横浜店・五十嵐店長、梅田店・川口店長、三宮店・佐藤店長、広島店・柴田店長、福岡店・林田店長

パッケージ部門」「レギュラー部門」「サブセット部門」「インサート部門」「スペシャルインサート部門」「No.1カード」「No.1チームパック」の7つの部門で“ガチ診断”をお願いしました。
☆アンケート方法☆
「パッケージ部門」「レギュラー部門」「サブセット部門」「インサート部門」「スペシャルインサート部門」について、それぞれ1位から3位を選出
1位=5ポイント、2位=3ポイント、3位=1ポイントを付与
(複数回答あり。未回答の場合は0ポイント)。
部門ごとに上位を中心に紹介。

最後に「No.1カード」「No.1チームパック」を選定してもらった。

 連載第4回は“スポーツカードの華”とも言えるインサートカードを紹介します。


インサートカード・シングル部門3位
18ポイント(1位3名、2位1名)
TRIPLE CROSS FOIL SIGNING/読売ジャイアンツ (編集者コラムはこちら)

TCFS 坂本勇人&岡本和真&丸 佳浩
TCFS 坂本勇人&岡本和真&丸 佳浩

インサートカード部門もサブセットカードと同様に、「シングル」と「チーム総合」に分けてランキングを発表していこう。まずはシングル部門から。

18ポイントで3位に入ったのは、巨人のチームパックに収録された[TRIPLE CROSS FOIL SIGNING]だ。2017年に初登場した[CROSS FOIL SINING]は、「1stバージョン」などに限定封入されていたクロスサインのスペシャル版と同仕様のホロ加工を施した上に、かつて箔サインの1of1パラレル限定で使用されたスカイブルー箔サインが押され、BBMが過去に作ってきた人気インサートやパラレルのエッセンスが凝縮された1枚。昨年は、初めてそのコンボ版が制作され注目を集めたが、今年、それがさらにトリプル版へと進化を果たした衝撃は、ことのほか大きかったようだ。 

この究極の1枚には、“インサート星人”ことMINT LAB TOKYO・田村店長も「全1種で5枚限定はインサートマニアにとって高すぎる壁。だが、それがいい! 申し分ないメンツ、満月、夜桜、花火柄と、とにかくゴージャスな1枚」と納得のご様子。池袋店・酒井店長と渋谷店・中川店長は、インサートカードの枠を超えて、直筆サインやメモラビリアカードなどが中心のスペシャルインサート部門でも1位に挙げていたほどだった。特に中川店長は、「お店で現物をお客様が引かれたときのインパクトは大でした」と、興奮冷めやらなかった。


インサートカード・シングル部門2位
21ポイント(1位4名、3位1名)
GIANTS PRIDE 2020/読売ジャイアンツ (編集者コラムはこちら)

GP9 亀井善行(表面)
GP9 亀井善行(表面)

GP9 亀井善行(裏面)
GP9 亀井善行(裏面)


2位は僅差でこちらも巨人チームパックの「GIANTS PRIDE 2020」。この記事をご覧のカードファンの皆さんならすでにご存じあろう、ジャイアンツカードを代表する名物インサートの2020年度版だ。

今年のデザインは、巨人の選手が東京名所の風景と合成された写真がインパクト抜群で、「東京の名所に主力選手が『巨人』として出現しているインパクト、縁取りもきらびやかな飾り映えするデザインでした」と吉祥寺店・石渡店長が1位に推薦。同じく1位票を入れた立川店の高橋店長も「思わず全種類集めたくなりますね。裏面の写真は表面でカットされている両端部分も見られるので、少し得した気分も味わえます。また、使われている背景がどの場所なのかを予想しながら眺めてみるのも楽しいと思いますよ」とおススメしてくれた。

ちなみに、お気に入りの1枚は石渡店長と高橋店長が東京タワーの坂本勇人。浦和店・安野店長は大城卓三で「大自然を背景にバットを構える写真が最高に映えています」とのこと。亀井善行の日本橋は、BBM本社のご近所でもある。

全種コンプリートするもよし、お気に入りの1枚をコレクションするもよし! の人気インサートとなった。


インサートカード・シングル部門1位

30ポイント(1位5名、2位1名、3位2名)
Phantom/12球団共通インサート

PS02 奥川恭伸
PS02 奥川恭伸

PC02 森下暢仁
PC02 森下暢仁

PM03 佐々木朗希
PM03 佐々木朗希


BBMのチームパックで横断的に封入される高級インサートとして人気を博してきた[Phantom]が文句なしの1位に! 今年はBBMカード30周年ということで、5年目の[Phantom]も大きくパワーアップした。

99年のダイヤモンドヒーローズのインサート[Above average/Pitcher perfect]で読者プレゼント版に初めて使用され、今も伝説として名高い花火柄。その人気の高い花火柄を30周年の節目ということで、満を持して「Phantom」に投入したのだ。さらに、インサートタイトルにそれぞれの球団カラーを用いたことで、見た目もより一層華やかになった。

“カード界のご意見番”ことMINT LAB TOKYO・田村店長から「過去5年間で最高の出来!」と“アッパレ”をいただいたほか、「インサートカードの加工としてもトップクラスの人気を誇る花火柄が用いられており、非常に評判がよかったです。球団ごとに文字色をチームカラーにしているアクセントも素晴らしかった」と千葉店・藤池店長もうなる仕上がりで、「例年以上の人気です」(池袋店・酒井店長)とのこと。三宮店・佐藤店長からは「購入者の認知度が上がっており、引き当てたお客様が喜ぶ姿をよく見かけた」というBBMにとっては嬉しい報告もあった。

12球団で制作されたこともあり、各店長がおススメする1枚も千差万別。ズラリと並べてみよう。

千葉店・藤池店長「坂本勇人選手のカードは写真も仕様も最高だと思います。教科書通りの打撃フォーム、ボールをとらえるクールな表情、チームでただ一人のキャプテンマーク、そしてオレンジの[Phantom]の文字。見どころ満載のカードで、ずっと眺めていたくなります!」

浦和店・安野店長「今年のデザインが好きです。奥川恭伸選手は応援するチームのルーキーなので選出しました」

池袋店・酒井店長「赤いロゴが綺麗な広島カープから選びました。難しい体勢から一塁に送球する瞬間の菊池涼介選手の鋭いまなざしに花火模様が絶妙に重なり秀逸!」

神田店・田村店長「最初期に登場し、高騰した奥川恭伸をセレクト」

立川店・高橋店長「高津臣吾監督の1枚はチーム別アイテムでは珍しい監督のPhantomということと、現役時代と監督時代の写真を2枚使っている豪華さも加味して、2020年のPhantom of Phantom」

梅田店・川口店長「佐々木朗希投手はカードの高級感からデザインに至るまで、すべてが秀逸」

広島店・柴田店長「森下暢仁投手は写真もカッコいい1枚。フレーム部分も花火柄に合うデザインで、ロゴも赤になり、カープ感が増しています」

3月に発売されたヤクルトは今年のデザインのお披露目ということで印象が強かったのか、3人の店長がこの中から選んでくれた。

なお、店長コメントに特定選手の名前があった場合は、そのポイントは所属チームの総合ポイントに加算しておいた。「2ndバージョン」ではパープルを採用したオリジナルの[Phantom]が制作されているので、こちらもお楽しみに!

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事