13日(日本時間14日)、アメリカ・カリフォルニア州カーソンのディグニティヘルス・スポーツパークで行われるWBC世界スーパーバンタム級王座統一戦の前日計量が12日、ロサンゼルス郊外のダブルツリーバイヒルトンホテルであり、チャンピオンのレイ・バルガス(メキシコ)、暫定チャンピオンの亀田和毅(協栄)とも55.0キロで一発クリアした。試合はあす14日(日)午前10時からDAZNでライブ中継される。

写真上=計量を無事に終え、ガッツポーズを見せるバルガス(左)と亀田

画像: マリアッチ楽団に誕生日を祝福された亀田

マリアッチ楽団に誕生日を祝福された亀田

画像: チャンピオン同士のにらみ合いは16秒に及んだ

チャンピオン同士のにらみ合いは16秒に及んだ

 この日、28歳の誕生日を迎えた亀田を、メキシコの伝統民謡楽団「マリアッチ」がサプライズで祝福。会場は詰めかけたファンの「トモキ」コールで沸いた。 計量後のフェイスオフではにらみ合いが16秒に及び、関係者が割って入るほど緊迫した。

 亀田は「完璧なコンディションに仕上がりました。最高の状態です」と強調。「一番やりたかった相手と最高の舞台で試合ができることに感謝しています。明日の試合は自分の今までのボクシングの集大成。日本の皆様、応援よろしくお願いします」とコメントし、「最高の試合をして必ず勝ちます」と約束した。

写真提供/協栄ジム

おすすめ商品


This article is a sponsored article by
''.