その名のとおり、爆発的なパワーボクシングで11連続防衛を飾った元WBA世界スーパーフェザー級チャンピオン内山高志さん(40歳)が、地元・埼玉県春日部市に2店舗目となる『KOD STUDIO FITNESS BOXING』をオープン。11日、そのお披露目が行われた。

上写真=左から嶋田、天笠、内山、田口、大里各氏。若いエネルギーが溢れている

 本店となる『KOD LAB FITNESS BOXING』(東京・四谷)に続く2号店は、地元・春日部に──。「地元を少しでも盛り上げたい、貢献したいという想いは昔からあった」という内山さん。「その夢を叶えた今、コロナ騒動で飲食店が落ち込んだりしているし、人口も減っているので元気を与えたい」。現役時代にすでに名誉市民となり、親善大使も務める内山さんには、訪れた石川良三・市長も大いに期待を抱いている。

 今年2月にいったんはオープンしたものの、新型コロナウイルス感染拡大、緊急事態宣言の影響により、「4月の頭から休業」という煽りを受けた。宣言解除を待って、6月1日から再スタートを切っており、あらためて地元へのアピールを行うために、この日を迎えた。

画像: スーツの下は、現役当時と変わらぬスーパーボディの内山さん(右)

スーツの下は、現役当時と変わらぬスーパーボディの内山さん(右)

「休業中に、退会者もかなりいた」ということで、現在の会員数は80名。これを「200人くらいには持っていきたい」と考えている。

 2号店の店長を務めるのは元日本&東洋太平洋フェザー級チャンピオンの天笠尚さん(34歳)。“あのギジェルモ・リゴンドー(キューバ)を2度倒した男”と言った方が通りはいいかもしれない。2017年9月がラストファイトで、翌年3月に引退式を行った天笠さんだが、依然としてスリムボディをキープ。現在は、地元・群馬県で家族とともに生活しながら、春日部まで通う毎日だという。「レジェンド内山代表の下で働けるのが誇り」と張り切っている。

画像: 天笠店長(中央)も、世界チャンピオンにこそなれなかったものの、間違いなく“レジェンド”だ

天笠店長(中央)も、世界チャンピオンにこそなれなかったものの、間違いなく“レジェンド”だ

 また、現役時代から内山さんを慕ってきたジムの後輩、元WBA・IBF世界ライトフライ級チャンピオン田口良一さん(33歳)のトレーナー就任も併せて紹介された。田口さんは、基本的には四谷の本店に勤務しながら、春日部にも顔を出す予定。内山代表も、四谷常勤の合間、「週1回は春日部に来ます」という。春日部には、花咲徳栄ボクシング部の後輩、嶋田達希さん(24歳)、大里拓未さん(23歳)もインストラクターとして就任。天笠店長を支えていく。

「四谷、春日部両方合わせれば22、3人」というOB&現役ボクサーのスタッフ。「全員が常勤ではないけれども、四谷は1日5、6人体制」を敷いており、「儲からなくて大変ですよ」と笑う内山さんだが、頼りがいのある兄貴として、その存在感が輝き続けている証拠だ。街の活性化やボクシングの楽しさを広めるばかりでなく、後輩たちの生活も支える。人間力の大きい内山さんにかかる期待は果てしない。

※田口良一さんのインタビューは『ボクシング・マガジン8月号』(7月15日発売)に掲載

文&写真_本間 暁

☆住所
〒344-0067
埼玉県春日部市中央1-10-11 Mビル2階
TEL: 048-797-6080 FAX: 048-797-6102
https://kodstudio.jp/

☆アクセス
東武スカイツリーライン、アーバンパークライン 「春日部駅」西口から徒歩3分

☆営業時間
火~土曜日 12:00~22:00
日曜日・祝日 11:00~16:00
定休日 月曜日

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2020年7月号


This article is a sponsored article by
''.