ランナーオススメの東京のマラソンコースをつないで走る。そんなイベント「RUN REAL TOKYO」が、2月23日に開催された。代々木公園や皇居外周など、人気のコース以外に、花やしきやスカイツリーなど、普段は決して走ることができない場所も含まれていた。これから暖かくなると、ファンランがより楽しくなる。ピクニックのようなランイベントを計画してみよう。

写真上:東京駅にフィニッシュする参加者

東京の今を体感する
「RUN REAL TOKYO」

「RUN REAL TOKYO」は、2月1日〜13日に一般の人から募った投票結果に基づいてつくられた約42kmのコースを走るランニングイベント。新宿をスタートし、都内各所を経由してゴールの東京駅を目指した。

画像: ウルトラブースト19で走ると、アキレス腱の痛みが出ないそうだ。SteP SPORTS新宿店にて。

ウルトラブースト19で走ると、アキレス腱の痛みが出ないそうだ。SteP SPORTS新宿店にて。

「ランナーは街ランをしているので、道に詳しいじゃないですか。見どころがわかっているみんなが作ったルートは、面白さが盛り込まれているのではないかと、私も楽しみにしています」

 スタート前の集合場所となったSteP SPORTS新宿店でこう言うのは、アディダス ランニングアドバイザーの湯田友美さんさんだ。

「東京都内は走り回っているので、だいたい知っています。でも、自分があまり行かない地域もあるじゃないですか。この42kmにはいろいろなところが盛り込まれているので、私もランイベントのコースの参考にさせてもらおうかな」

 私も都内は多くの場所を走っているが、このコースには、いくつか、走ったことがないコースが含まれていた。


This article is a sponsored article by
''.