4月にプロに転向した川内優輝選手が、4月15日、ボストンマラソンに出場する。昨年、日本人として初めてワールドマラソンメジャーズを制し、今年は連覇がかかる。予報では、前回と同じように悪天候が予想され、2連覇への期待が高まっている。

上の写真 前回のスタート地点で空を見上げる川内。「天は我に味方した」と心の中で叫んだ。 写真:ランニングマガジン・クリール編集部

ハーバード大学での最後の調整は順調

 プロに転向した川内は、SNSを開設して、積極的に情報を発信している。11日には最後のトラック練習をボストンのハーバード大学の陸上競技場で行い、順調は仕上がりであることを自身のツイッターに投稿した。

 とりあえず、ラストは2分53秒に切り替えられたので調整は順調。昨年はボストンで競技場練習をしなかったのでエリート選手はハーバード大学で練習させてもらえることを初めて知りました。ハーバード大学で練習することができたのも貴重な経験だったと思います。

 また、ボストンマラソンの公式ツイッターで、「今年の天候が昨年と同じようになると予想されている」という投稿に対して、「2018年と同じような天気は、ワクワクしますね」とリツートしている。

画像: 史上最低とも言われた前回のボストンマラソン。この悪条件を味方にして、川内は優勝した 写真:ランニングマガジン・クリール

史上最低とも言われた前回のボストンマラソン。この悪条件を味方にして、川内は優勝した 写真:ランニングマガジン・クリール

 

 なお、今回のボストンマラソンは、日本時間の4月15日(月)22時からDAZNで中継される。女子エリートの部のスタートは22時32分、男子エリートの部のスタートは23時。

画像: 前回の川内選手のボストンマラソン優勝は、日本人として瀬古利彦さん以来、31年ぶりだった。女子優勝のデシリー・リンデンは、アメリカ人女性をして33年ぶりの優勝。 写真:ランニングマガジン・クリール

前回の川内選手のボストンマラソン優勝は、日本人として瀬古利彦さん以来、31年ぶりだった。女子優勝のデシリー・リンデンは、アメリカ人女性をして33年ぶりの優勝。 写真:ランニングマガジン・クリール

【PR】川内選手のボストンマラソンをリアルタイムで応援しよう。DAZNは1カ月無料!


This article is a sponsored article by
''.