6月9日、南アフリカで開催された世界最大規模のウルトラマラソン、コムラッズマラソンで、100km世界記録保持者の風見尚選手(愛三工業)が、3位に入賞した。コムラッズマラソンは、86.83kmに2万人のランナーが参加する世界最大規模のウルトラマラソンだ。

表彰台に上がる風見選手(右から2人め) 写真:高橋 慎一

マラソンツアーで一般参加

 風見選手は、1km3分50秒前後の先頭集団でレースを進め、南アフリカの2人の選手についで、5時間39分16秒の3位でフィニッシュした。優勝した選手のタイムは5時間31分33秒、2位の選手は5時間31分58秒だった。

 2位の選手は昨年のコムラッズマラソンの優勝者。昨年のIAU 100km世界選手権にも参加して、風見選手を含む日本チームメンバーと競り合った。IAU 100km世界選手権で「南アのコムラッズチャンピオンが参加していますが、どう闘いますか」とインタビューされたことでコムラッズマラソンの存在を知ったそうだ。

 風見選手は、 2018年6月のサロマ湖100キロウルトラマラソンを6時間9分14秒の世界最高記録で優勝している。この大会でも注目されていたが、招待選手ではなく、「慎ちゃんと地球の奥地を走るマラソンツアー」での参加だった。

画像: 記者会見に臨む風見選手(右から2人め) 写真:高橋慎一

記者会見に臨む風見選手(右から2人め) 写真:高橋慎一

 コムラッズマラソンは、今年94回目を数える伝統のウルトラマラソンで、世界中のウルトラランナーの憧れの大会。インド洋岸のダーバンと内陸のピーターマリッツバーグをつなぐアップダウンが激しい86.83kmのコースで行われる。毎年、スタート地点が入れ替わり、今年は、ダーバンをスタートし、ピーターマリッツバーグがゴールの上りコースで行われた。

 レース前には、「入賞賞金で旅費をカバーしたいから6位を目標にします」と風見選手は語っていたが、目標を大きく上回った。来年はサロマ湖100kmウルトラマラソンに出る予定なので、コムラッズの下りレースを走る予定はしていないという。

 大会名のコムラッズは「戦友」「同士」という意味で、第1次世界大戦の戦友たちを偲び、ともに戦った仲間を忘れないようにと始まった。

 


This article is a sponsored article by
''.