close

2021-03-22

【プロレス】小川良成の“彼女”を奪う!? NOSAWA論外が日高郁人とGHCジュニアタッグ挑戦

小川良成をGHCジュニアタッグのベルトで殴打するNOSAWA論外

全ての画像を見る
 3月21日、NOAH後楽園大会で小川良成&HAYATAが原田大輔&宮脇純太の挑戦を退け、GHCジュニアヘビー級タッグ王座4度目の防衛に成功。試合後、日高郁人&NOSAWA論外が次なる挑戦者として名乗りを上げた。

 タイトルマッチはNOAH生え抜き23歳の宮脇が奮闘。オリジナリティー豊かな入り方の腕ひしぎ十字固めで王者組の牙城を崩したが、最後はHAYATAの変型キャメルクラッチで敗北。試合後には日高&論外が次期挑戦者組として名乗りを上げ、小川&HAYATAをベルトで殴打してKOしてみせた。

 論外はプロレスラーとして“終活”を宣言し「もともとNOAHのベルトに興味なかった」と語っている。しかし、小川がHAYATAとともに濃密な試合内容で防衛を続けるGHCジュニアタッグ王座については琴線が響いた。

「人の彼女って可愛く見えたりするじゃない。あのベルトがちょっとほしくなっちゃって。今回本気で行こうかなって。GHCジュニア史上最低最弱のチャレンジャー、NOSAWA論外が本気を出したってことで」

日高&論外のGHCジュニアタッグ挑戦はNOAH4・29名古屋で決定。論外は4・3横浜でHAYATA、4・24横浜で小川とのシングルも発表された。小川に屈辱を与え、自身のタイトル歴にGHCの名を刻むために、珍しく本気になった論外から目が離せない。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事