close

2022-01-08

新日本vsNOAH全面対抗戦初戦の若手対決は10分時間切れ引き分け【週刊プロレス】

試合後の藤田晃生と矢野安崇

 8日、新日本プロレス横浜アリーナ大会で新日本プロレスとNOAHの全面対抗戦がおこなわれ、第0試合1では新日本の藤田晃生とNOAHの矢野安崇が激突。両者ともに愛媛県出身で学生時代にレスリングで対戦したこともある。

 序盤はグラウンドの腕攻めで矢野が圧倒。藤田もエルボーで押し込んで逆エビ固めでギブアップを迫る。互いに負けん気をぶつけ合う展開となり、最後は藤田が逆エビを決めて、矢野がロープに這う中で10分時間切れ引き分けとなった。

 試合後、両者は額をつけてにらみ合い、藤田が突き飛ばして張り手。矢野も張り返すと、セコンドが2人を分ける。先にリングを降りた矢野を藤田がリング上から見下ろして何やら語り掛ける。矢野はリングを叩いて悔しそうに叫びながら引き揚げた。

 同大会はチケット完売。インターネットTV「ABEMA」のPPVで生中継されている。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事