close

2021-04-28

【プロレス】狙いは人工関節のヒザ破壊…師匠・マサ斎藤の魂を胸にいざ武藤敬司のGHCヘビー級王座に挑戦! マサ北宮インタビュー

武藤敬司に監獄固めを決めるマサ北宮

全ての画像を見る


――現在、体がパンパンですよね?

北宮 でかくできるうちにでかくしておかないと。これから先ドンドン内臓も弱っていくんで(笑)。ボク自身は超ヘビー級志向。それが健介オフィスの教えです。まぁ、受け継いでるのはボクだけですけど(笑)。

――中嶋勝彦選手も宮原健斗選手もシュッとしていますからね。

北宮 マインドではボクの方が正統後継者(笑)。今が一番でかいですよ。110㎏ぐらいありますから。

――まだ大きくなりたいですか?

北宮 そりゃ、そうですよ。身長はもうどうにもならないし、それなりの体重と横幅だったら、そのへんのウエートトレーニングできるジムで体鍛えてるヤツと変わらないし。

――NOAHでは同じ金剛に昨年4月に征矢学選手も加入し、稲村愛輝選手もドンドンでかくなっています。

北宮 そのへんは多大に刺激を受けてます(笑)。稲村は昨年10月に金剛を抜けたけど、ポージングした時に、拳王さんが真ん中にいて、両サイドがちゃんとバランス取れてないといけませんからね。意識して食べるようにしてます。バンバン揚げ物食って、酒飲んでます。カロリーなら何でもいい(笑)。ヘルシーとか気にしてたら、でかくなれないですよ。

――そこを突き詰めている時点で、現代では特異です(笑)。

北宮 もう職業病ですよ(笑)。

――今となっては貴重な存在です。

北宮 へそまでコスチューム上げましょうか(笑)。

――時代に逆行していいですね!

北宮 昔からオールドスクール、アメリカンスタイルは好きですからね。バカみたいにでかい人たちが重戦車のように動き回るような試合が最高ですよ。インターネットでもいろいろ上がってますからね。

――最近のお気に入りは?

北宮 アーン・アンダーソンですね。あの時代にしては体もナチュラル。そこがいいです。

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事